お金の貸し借りから信頼について学ぶ。

  • 投稿日:
  • by

少し前に、初めてお金を借りるということを見ず知らず?の所から行いました。

お金以外のものの貸し借りは抵抗なく行っており、むしろ貸すことで相手が喜んでくれることが好きな方でした。もちろん「モノ」に関してはこちら側が借りることもありました。

ただどうしてもお金に関しては「貸す」ということは少額であれば大丈夫だったのですが、「借りる」ということに関しては、個人的には嫌いで返済の事を先に考えてしまい何かに縛られるという状態になるため避けていました。

家族から借りることは何度かありました...。しかしどうしてもお金を借りる必要が出てきてしまい、いくつかテレビコマーシャルで見るような会社から借りることになりました。

それで最初はどうしても「いついつまでにいくらお金を返さなければならない!」という状態に嫌だな...とストレスを感じていました。返済の期日をうっかり忘れて遅れることもありましたが、周りの人たちと遊びやおしゃべりする場でお金を借りたら大変だなあという話になり、自分もそのことを話しました。

お金の扱い方に関して「信頼を得るためには積み重ねが必要だけど、簡単にそれを貯めることはできない。逆に崩すことは簡単にできる。お金みたいなものだよ。」という興味深い話が出てきました。

嫌いなお金の貸し借りからまさかこんなことを学ぶとは思っていませんでした。